大腸の働きを良くするため

笑顔の金髪の女性

大腸内には、大腸の働きを高める善玉菌と、逆に働きを悪くする悪玉菌とがいます。そして、これらのうち善玉菌が優勢になれば、大腸の状態はもちろん、全身の健康状態が良くなっていきます。具体的には、便秘や下痢が防がれるようになったり、大腸内の免疫細胞がしっかりと働くことで、感染症にかかりにくくなったりするのです。そのため多くの人が、善玉菌を増やすサプリを飲んでいます。具体的には乳酸菌のサプリですが、これを飲むと、乳酸菌自体が善玉菌となって大腸で働くようになるのです。また、善玉菌の栄養分となるオリゴ糖の摂取も、善玉菌を増やすことにつながります。さらに、乳酸菌とオリゴ糖とがあらかじめセットになっているサプリもあります。効率良く善玉菌を増やすことができるため、注目されています。

大腸は、食事によって食べ物が体内に入ってきてから、活発に働くようになります。具体的には、胃で分解された食べ物のうち、栄養分は体に取り込み、老廃物は便とするのです。そのため大腸が弱っているような状態だと、栄養分がうまく吸収されなくなりますし、老廃物は排出されにくくなります。したがって善玉菌を増やすサプリは、食後に飲むことが大事と言えます。そうすると、栄養分や老廃物と一緒に、乳酸菌やオリゴ糖が大腸まで運ばれていきます。そして増えた善玉菌によって、大腸がその栄養分や老廃物を、うまく処理できるようになるのです。また、空腹時は胃の中は胃酸が多い状態となっています。この状態で飲むと、サプリが胃酸で分解されてしまうので、その点からも食後に飲むことが良いとされているのです。